体型悩みとおしゃれの方法

体型にコンプレックスを持っている人は、悩みを聞くと結構たくさんいます。
服の選び方によって、体型をすっきりさせるなど、印象を変えることができるといいます。
仮に加齢によって外見が変わっても、様々な体型で使えるような服を持っていれば、多様な使い方をすることができるでしょう。
(さらに…)

目元ケアの方法について

目元ケアのコツは、まだしわが深くならないうちから、先手を打つことです。
普段からの目元ケアは、一体どのように実行すべきでしょう。
目元ケアの重要なことは、目元以外の顔にシワやたるみができないようにお手入れをすることです。
普段、化粧をする人が多いと思いますが、毎日のクレンジングでしっかりとメイクを落とすことがポイントです。
目元に濃いメイクをしている人は少なくありませんが、特に洗顔に気を使い、汚れのない状態にすることです。
洗顔直後の肌は水分が失われ、皮膚は乾燥に弱い状態です。
スキンケア用品を使って、お肌の保湿をしっかり行う事も、目元ケアには欠かせません。
仕上げに、保湿クリームなどをつけてお肌の水分が逃げていかないようにケアをします。
より目元ケアになるスキンケアを行うためには、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を含むスキンケア用品を使います。
目元ケアのためには日頃から紫外線の対策をしておくことも重要です。
日焼けは肌に決して良い影響を与えません。
紫外線による肌の影響は、若いころはつい軽視してしまいがちですが、早い段階から紫外線予防効果のある化粧品を使うようにしましょう。
目元にできるシワをきちんとケアするために、日々のスキンケアを丁寧に行いましょう。

目元ケアのコツとは

目のまわりの小じわをふやさないために、目元ケアに力を入れている人は大勢います。
クレンジングケアに力を入れることが、目元ケアでは重要になってきています。
クレンジング剤選びでは、肌質と相性のいいものを探しましょう。
一般的にオイルクレンジングを使うと肌が乾燥しやすくなるようです。
もともと乾燥しやすい肌の人は、ミルクタイプのクレンジング剤を使うようにするといいでしょう。
水を使わずとも、サッとメイクを拭き取ることができるタイプのクレンジング剤は、肌を傷める可能性があります。
目の回りは薄くデリケートな皮膚でできていますので、クレンジング剤で皮膚にダメージを与えないように、刺激の少ないものがおすすめです。
アイメイクを濃い目に施している人もいますが、必要ならば目元専用のクレンジング剤を使いましょう。
十分にメイク落としができていないと、目の回りに残ったマスカラが目の周囲の色素を沈着させてしまう恐れもあります。
メイク汚れは丁寧に落としましょう。
メイク落としに利用するクレンジング剤の量が足りないと、指の腹が皮膚の上でうまく動かず、皮膚に負担をかける場合もあります。
気持ち多めのクレンジング剤を用いて、メイクをクレンジング剤に溶かしていきましょう。
クレンジングの際に皮膚にダメージを与えないように気を配ることは、目元ケアではかなり大事なことです。

文明の利器。

一度やってみたかったのが、マヨネーズの手作り。

買ったほうが安い気もしますけどね。
自分で作ったほうが、なんだか安心なので。
もちろん傷みやすいのは承知のうえで。
(さらに…)

米の計量

我が家では1年に1回年明けにお寺にお米5升持っていく。
意味はわからないが亡き父の備忘録には「刻米」とあり、昔からの布施の一部だろうと思われる。
ただ、お米でなければいけないわけではなく、いつ頃からか近年はその代わりに現金2500円でもよくなったらしい。
お米を持っていくのが面倒な人や、お米のほうが高いと思う人はお金を持っていくが、今のところ我が家ではお米のままだ。
その刻米。亡き父あと、高齢の母に代り私が準備するようになったが、お米を5升などと言われてもちゃん量ることができなかった。
なぜなら、今まで父が使っていた米用の分銅がついた量りの使い方がよくわからなかったからだ。
さらにちょうどいい枡もすぐに準備できず、昨年は前日ギリギリに5合枡を母が見つけたので、10回量って袋に入れた。
ちなみに、お寺に持っていくと、役員が針のついた量りで量っていたが、話ではお米は多すぎてもいいが少ないとアウトらしい。
なので、大目にいれておくほうが無難とのこと。
そういう面倒があるので、母は「現金にしようか」と言ったが、家にお米が余っていることだし、お米で服や食品は買えない。(物々交換の時代ならともかく)
そんなわけで今年もお米を持っていったが、今回は昨年使った5合枡が行方不明だったため、わざわざ通販で1升枡を買った。
いつまで刻米が続くかわからないが、枡は他でも使えるのであってもいいと思ったのだ。
ちなみにホームセンターで「米を量る枡があるか」聞いたら「計量カップならありますが」と言われた。
さすがに1升入る計量カップはないだろう。

次ページへ »